住宅ローンが原因で債務整理となった体験談

債務整理や自己破産という言葉、たまに耳にしますが、多くの方が自分に関係ないと思っていることでしょう。
ですが、住宅ローンや、多額の借金がある方は、いつ、突然、返済が出来なくなるかもしれません。
債務整理は、債務、いわゆる、借金を整理することです。
債務整理のひとつの方法として、たまに耳にする自己破産という方法があり、ほかにも、個人再生や任意整理、それから、特定調停もあります。
現在は、多額のローンを組もうとしても、それなりの基準で審査されますが、実は80年代、バブルの時代は、わりと簡単にお金を貸してくれるケースが多かったです。
それが、順調に返済できれば何の問題もないのですが、バブルが終わった後、それを返済できなくなったという体験談は良く聞きます。
家を建てたり、土地を購入したり、ビジネスなどで多額の負債があった方は、バブル後、返済に苦しみ、債務整理をすることになるケースも多いのです。
ここで、ひとつの体験談をご紹介しましょう。
40代の男性で、バブル絶頂期に家を購入した方です。
他にも消費者金融やクレジットカード系から借金があり、合計して5000万円ほどの借り入れがありました。
お仕事は普通のサラリーマン、40代で働き盛り、収入もあったので、マイホームを建てることにしました。
ちょうど、バブルの絶頂期で、給料もそれなりに高かったようですが、貯金がなかったため、頭金も用意できず、住宅ローンのほかにも、銀行、消費者金融で借り入れしました。

住宅ローンが原因で債務整理となった体験談 その2

共働きで返済していく計画でしたが、その矢先に、奥さんが病気で働けなくなりました。
住宅ローンの返済がままならず、また、銀行、消費者金融、追加して借り入れをするようになり、みるみるうちに負債が増えていきます。
最終的に自己破産となりました。
体験談によると、家を購入すると決めたころ、ボーナスが100万円以上、年収にすると700万円近くあったそうです。
さらに、奥さんも働いていたので、返済計画はかなり高めに設定しても、余裕がある状態でした。
家の建築費や、土地代で、合計4500万円以上になり、住宅ローンには上限があるので、足りない分を消費者金融などから借り入れました。
このような体験談で、疑問に思うことは、それほどの借り入れがあって、さらに追加借り入れをする際に審査はどうだったのだろうということです。
実は、その頃、審査はかなり甘かったようで、審査自体のゆるさが、その後の債務整理に繋がることはよくある話です。
借り入れの目的が「家を建てる」ということならば、複数の銀行が貸してくれる時代でした。
さらに足りない分はカードローンや、アコム、プロミスなどから、何百万も借り入れしたということです。
もちろん、カードローンや消費者金融は、銀行より金利が高いです。
当時、20パーセント以上はあったと思いますが、無謀にも、こうしたところから借りてしまうことは、後の債務整理に繋がります。
金利が高くても、そもそもの収入が高いですから、さらに奥さんも働いているということで、返済に関しての審査はどこも簡単にパスしたそうです。

 

住宅ローンが原因で債務整理となった体験談

いつ、何が起こって、働けない状態になるかもしれないということは、収入が高く景気がよいころには考えないものなのでしょうね。
バブルがはじけてからの人生転落の体験談は、他にもよく聞きますが、この方も、収入がダウン、共働きだった奥さんが病気になるなど、返済に困るようになったのです。
お給料がダウンしたことも、ボーナスがカットされたことも大きな打撃ですが、さらに、奥さんの病気の治療費に、かなりのお金がかかったことも債務整理をするきっかけのひとつです。
家を売ることを決心して、なんとか返済に回しますが、家の売値は、購入したときのわずか3分の1程度の価格にしかなりませんでした。
これは、バブル期に買った建物が、その後、暴落して、結果、債務整理することになった体験談と同じですよね。
家を手放したのに、負債はまだかなり残っている状態です。
最後のほうは、また、別のカード会社から、10万円や20万円単位でお金を借り、ほかの返済に充てるという悪循環になってしまっていたそうです。
次第に、とうとう貸してくれる業者がなくなり、最後は債務整理で自己破産をすることになりました。
長い間の苦しみから解放されると思いきや、債務整理、自己破産は、大きな傷を心に残すことになります。
お子さんがいて、ご家庭もある場合は、もちろん、世間体も気にするでしょうから、他の人に知られないようにことを運ぶことは気持ちも休まらないでしょう。
弁護士事務所に通ったり、裁判所に行ったり、自己破産が決定するまで、精神的にもきつい日々だと思います。
このような体験談は、バブル期に多額の借金をしてしまった方のなかでは、珍しくないケースでしょう。