クレジットカードから債務整理となった体験談 (続きその2)

今は便利なリボ払いというシステムもあり、一定額の支払いで毎月済んでしまうことから、多くの人が利用しているようです。
ですが、リボ払いは、借金を先送りにしているだけですし、金利も高いことを実感していない方も多いでしょう。
この方も同じで、リボ払いに変更しても、返済が追いつかず、プロミスで融資を受けることに。
パートなので、無理だろうと思ったら、すぐに50万の融資が受けられました。
債務整理をすることになった体験談には多いことですが、カード会社の返済に回すために、消費者金融からさらに借り入れるよくあるケースです。
こんなことをしても何の解決にもならないのですが、カード会社に返済できるという安心感からか、こうして別業者にさらに借金をしてしまう方が多いです。
当然ながら、元のカード会社の返済は続き、さらに、消費者金融への返済が始まります。
この体験談の方は1人暮らしだったので、家賃や生活費、さらに病院の通院費用もかかるわけですが、収入がすべて返済に行ってしまうため、生活費をまた借り入れてしまうのです。
限度額いっぱいに借り入れ、次はまた別の消費者金融へ。
借金の合計額はいつしか、300万を超えていました。
そこで、債務整理をして任意整理で返済する運びとなったわけですが、考えてみれば、この体験談の方は、最初からお金に困っていたわけでもないですよね。
どうしてもお金が必要になったわけでもないのに、なんとなく持ってしまったクレジットカード1枚から、借金がスタートしてしまったのです。
ですから、このようなケースは他人ごとではなく、誰にでも起こることだと思っていたほうがよいでしょう。

クレジットカードから債務整理となった体験談 (続きその2)関連ページ

クレジットカードから債務整理となった体験談