キャッシングで債務整理となった体験談

多重債務者になり、債務整理をした方の体験談を見ますと、最初は、ほんの小額の借り入れがきっかけとなったケースも少なくありません。
例えば、たった1万円をキャッシングしたことから、ずるずると、その後、債務を重ねることになったケースもあります。
小額なら大丈夫だと、気軽な気持ちでキャッシングを重ねても、それは「借金をしている」という事実には変わりません。
友人や知人に借金を頼むと、とても申し訳ない気持ちになりますし、同時に情けない気持ちにもなりますが、キャッシングは機械でお金が出てきてしまうので、そうした意識も薄いのではないでしょうか。
消費者金融のカードはわりと簡単に作ることが出来ますので、それを持ってしまったために借金への悪循環が始まるケースも多いです。
ですから、不要なキャッシングカードは持つべきではないですよね。
ここでご紹介する方の体験談は、最初の1万円の借り入れが、いつのまにか200万円弱の借り入れになってしまったというケースです。
この方は、債務整理の方法のなかで、特定調停を選び、その後は完済に到ったそうです。
特定調停とは、借金の返済が困難になった人、または会社が、経済的にまた再生できるようにする方法です。
債務者と債権者の間には、簡易裁判所が入って、双方の意見を聞き、調整します。
特定調停を成立するためには、どうしても債権者側の理解と協力が必要で、弁護士を頼まず自分で申し立てをすることも可能です。

キャッシングで債務整理となった体験談記事一覧

多重債務者の体験談にも多いですが、弁護士や専門家の費用が高いため、それすら用意できず、自分で債務整理をする方もいらっしゃいます。特定調停は、申立て費用が低額なことから、債務整理でこの方法を選ぶ方も多いです。特徴としては、債務権利者からの取引詳細を出させるためにも有効な手段です。債務整理の場合、債権者が取引の履歴や詳細を提出することをしぶる場合が多いのです。そんな場合は、裁判所の調停委員会が必要と認...

債務整理をすることになった債務者の体験談のなかでも、カードをもっていれば、限度額、一杯に借りてしまう方が実に多いことがわかります。不要なカードは持つべきではないし、クレジットカードであっても増やすべきではありません。元手もないのに、ほしいものが出てきたとき、お金を使いたいとき、カードが手持ちにあると、我慢が出来なくなってしまうからです。また、必要でもないのに、それ以上の金額を借りられるように限度額...